2013年7月30日

聖書は、第3次世界大戦についてどう述べている?


1. まず、シリアの事態が第3次世界大戦をもたらすことができる、以下の記事を見てみよう。
- . シリアとの戦争がロシアを引き入れて第3次世界大戦をもたらすでしょう。
元海兵出身のパネリストがシリアの事態に外国(米国)軍が介入するようになったら、最終的には紛争地域にロシアが介入する口実を与えて第3次世界大戦をもたらすことになるだろうと主張している。 

 米海兵隊出身であるKen O'Keefeは、先週の土曜日にあったTV討論番組で、ロシアはシリアに対する軍事攻撃の可能性を座視していないと主張した。 

"ロシアは野心を抱いた帝国主義者のために別の国が爆撃を受け強姦と略奪にあうことを絶対に見て座っていないことを明らかにしています。そのようなことが起きることは許されないでしょう。"とO'Keefeは言った。 
彼は"先端の秘密兵器を使用するか否かに関係なく、軍事的な介入を考える瞬間第3次世界大戦をもたらす可能性があるでしょう。"という言葉を加えている。 
去る6月4日、ロシアの大統領プーチンは、シリアの事態に外国の軍隊が介入しようとする動きを警告し、このような試みは結局失敗に帰ることを強調し、今年4月には、ロシアの外務大臣セルゲイ·ラブロフが西側世界がアサド政権を崩壊させようとしていると警告している。 
O'Keefeは、"最終的に権力を持っている人(パワーエリート)と銀行家たち(ユダヤ資本家)が直接第3次世界大戦の促進者である"ということを主張している。 
リンク: War on Syria will draw in Russia, trigger World War Ⅲ: Analyst

2. Albert Pikeの計画

フリーメーソンの33位(または34位)であるAlbert Pike(1809 - 1891)は、New(One)World Government理論の基礎を築いた人物で、彼は"イルミナティの最終的な目的(NWO)を達成するためには、3度の世界大戦が必要だ "と主張したが、彼の死の後、世界の秩序が彼の企画したとおり形成されているため、注目を集めている。



アルバートパイクは、第一次世界大戦は、 "ロシアの王政体制を転覆してロシアを無神論共産主義理念の砦を作る目的のために行わなければならないと記述した。

第1次世界大戦は、英国とドイツの高位層イルミナティの軋轢を利用して作り出さなければならし、全ヨーロッパを対象にしなければならず、この戦争が終わった後には共産主義を堅固に立てて他の弱小国を破壊し、宗教を弱体化しなければならない "と彼が記述したことがあって、第一次世界大戦は、 "アルバートパイク"が企画したとおりに実行された。

第2次世界大戦について "アルバートパイク"は、 "第二次世界大戦は、ファシズム勢力(ドイツ、イタリア)とシオニスト勢力(ユダヤ人)の対立を利用し作り出さなければならない"と記述した。この戦争の結果として、ファシスト勢力は壊滅する必要があり、シオニストは、パレスチナの主権国家(イスラエル)を立てる十分な力を持つように誘導すべきだと述べた。

彼はまた、第二次世界大戦を利用して共産主義勢力が、キリスト教勢力とのバランスを達成することができるように力を育てなければならし、我々は共産主義勢力が我々の目的に応じて最終的な単一の世界政府(One World Government)を達成する前に、地球全体の深刻な混乱を引き起こす目的に利用しようとする私たちの意図を超えないように継続的に監視し、牽制しなければならない "と記述した。

アルバートパイクは、第三次世界大戦をイルミナティの最終目的である新しい世界政府(New World Government)を達成するための最後の戦争と呼び、 "第三次世界大戦は、イルミナティ内のハイレベルの政治的シオニストとイスラム勢力の対立を利用して作り出さなければならない。この戦争はシオニストとイスラム勢力を相互に無慈悲な武力を行使するように誘導して共倒れしなければならない "と主張した。

この過程で、シオニストの支援勢力(英、米、欧州連合)とアラブ、イスラム支援勢力(中、ロシア、インド)を一緒に滅亡させ、世界の人々を肉体的、精神的、経済的に荒廃させ、最終的にこの混乱に乗じて新世界秩序(New World Order、世界政府)を構成しているのだ。

3. 聖書の預言

興味深いことに、第1次2次世界大戦がイルミナティのアルバートパイクの主張(計画)どおりに進行され、現在の世界秩序を作るきっかけとなった。また、上記の記事でも紹介された中東の現状を合わせると、アルバートパイクの計画通りに中東地域での国際組織が激突する第3次世界大戦が起こり、最終的に企画された新世界秩序(New World Order、世界政府)が完成するようである。

しかし、終末の事件を預言している聖書の言葉は、中東で第3次世界大戦が起こるというアルバートパイクの予言(計画)についてノーとはっきり言っている。

中東でシオニストとイスラム勢力間の衝突が発生した場合、最終的に両方をサポートしている国際組織がこの戦争に参加することで第3次世界大戦が起こるとアルバートパイクは述べている。しかし、聖書では、将来発生することになる中東戦争でイスラエルはどの国の支援も受けないまったくの単独でイスラム勢力とロシアが連合した大軍に立ち向かい戦うことができると予測している。これがエゼキエル38章と39章に預言された "ゴグとマゴグの戦争"である。

イスラエルの友好国である米軍やNATO軍の助けも得られなく単独で戦争を経るが、神の介入によって一方的な勝利を収め、この事件をきっかけに、万国の主なる神の名が知られる契機になるだろうと予測している(イゼキエル39:7)。

"人は心に自分の道を思い巡らす。しかし、その人の歩みを確かなものにするのは主である。"(箴言16:9)さらに "人は心に計画を持つ。主はその舌に答えを下さる。"(箴言16:1 )と記される。

イルミナティが自分の計画通り、世界の歴史をリードしていると勘違いしているが、最終的に彼らの計画な目標(プロビデンス、予測)を成し遂げられるのは神の方だ。

第3次世界大戦を起こそうという人(イルミナティ)の計画は失敗したが、神の御言葉(予言)は、一点一画もすたれることはなく、必ず成就される(マタイ5:18)を知らなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿