2014年5月22日

生きても死んでもイルミナティの魔の手から逃れることができなかったマイケル·ジャクソン



子供の頃、その両親によってイルミナティの操り人形で売り出され、全世界のポップミュージック市場の皇帝として君臨していた中、ポップ音楽市場を掌握したイルミナティの邪悪さを悟った後、彼らとの関係を切って、その邪悪な姿を大衆に知らせようとしたマイケルジャクソンは、最終的に2009625日、医療事故を装った死を迎えることになる。





イルミナティにとって重要な数字である11 2 +0 +0 +9 )と13 6 +2 +5 )が重なる日に合わせて、フリーメーソンの医師を動員して、マイケル·ジャクソンを死に至らせたこの事件は、マイケル·ジャクソンを懐柔することに失敗したイルミナティが出した最後のカードとして知られている。いくつかの根拠のないスキャンダルと脅迫でマイケル·ジャクソンを懐柔しようとしたが、これに失敗すると、彼らは、マイケル·ジャクソンを犠牲にして別の利益を得ようとしたというのだ。

マイケル·ジャクソンはイルミナティの指図を受けていたフリーメーソンの主治医Murrayによって殺害されたと伝えられている。


ラトーヤ·ジャクソンが兄であるマイケル·ジャクソンは殺害されたと証言している。

ファンの前でイルミナティの正体を暴露するマイケル·ジャクソンの生前の姿



2009年の死亡後、マイケル·ジャクソンは、ポップミュージックの伝説に新たに登場し、墜落した人気が再び急騰することになり、その結果、マイケル·ジャクソンの著作権を握っていたイルミナティが、膨大な財政収入を得ることになる。そして今、 2014513 )日、彼らは、マイケル·ジャクソンの遺作を集めたアルバムXcapeを発表することで、再び莫大な利益を創出している。

Xcapeに収録されたアルバムの中で「 Slave 2 the Rhythm 」という曲は、去る18 6 +6 +6 )日、米ラスベガスMGMグランドガーデンで開催された「2014年ビルボード·ミュージック·アワード」で、ホログラムパフォーマンスで再演され、人々を驚かせている。

この公演のホログラムで完全に復活したマイケル·ジャクソンは、5人組のバンドと16人のダンサーと幻想の呼吸を見せた。 Dangerous 」当時着ていた黄金色のジャケットを着て登場したマイケル·ジャクソンのホログラムは、まるで彼が生き帰ったかのような錯覚を起こすほど完璧な姿だったが、公演が終わった後、この姿を見守った歌手の中には涙を流す人もいた。

以下は、去る13日に発表されたマイケル·ジャクソンの遺作アルバムXscapeと、18日に行われたホログラム公演の様子である。マイケル·ジャクソンが生前、大変嫌っていたイルミナティの操り人形として生まれ変わり、彼らを宣伝するツールとして利用されていることが分かる。

サタンとして知られるSaturn(サターン、土星)の形に装ったマイケル·ジャクソンの遺作アルバムのジャケット
フリーメーソンのロッジのように飾られたマイケル·ジャクソンのホログラム公演ステージ
フリーメーソンのロッジの代表的な象徴である二本の柱の間に置かれた玉座に座り、チェック柄の壁を背景に、マイケル·ジャクソンがキング(反キリスト)のように登場している。

マイケル·ジャクソンが座った椅子の上の装飾がバフォメットの中で角の形をしていることが分かる。マイケル·ジャクソンを、フリーメーソン(イルミナティ)が仕える神バフォメットに描写しているのだ。

マイケル·ジャクソンの王座はまた、獣の皮で装飾されている。マインドコントロールの犠牲者、あるいは聖書に登場する反キリストの別名である獣(Beast)を象徴したと見られる。
マイケル·ジャクソンを太陽神として描いたステージの装飾 - 太陽の装飾がイエズス会ローマカトリックの太陽装飾と完全に一致している。








2 件のコメント:

  1. マイケル・ジャクソンを美化しすぎ。全てハリウッドで有名になる者たちは「意図を持って」悪魔崇拝者と契約しているのであって、それを後程「悟った」訳はない。また貴方の記事は色々とイルミナティに付いて言及している割に、これら音楽は集団ストーカー犯罪=聖人迫害の一環として創られた事実は決して公開していない。本当に神の剣=聖霊を受け、その霊感によって記事を書いているならば、それ位は把握出来ているはずである。

    返信削除
  2. くっさwwwwwwwwwwwww

    返信削除