2013年7月12日

イルミナティの二重性な姿をよく見せてくれた2NE1のカムバックステージ


1. 仮面の後ろに隠された顔
大衆がNew World Orderを実現しようとするイルミナティの陰謀を意識しながらこれに対して特別に抵抗感を持たずに順応するのは、彼らが正当化した理想と出美しく包装された外見からである。

人類を殺し処分(culling)して5億まで減らそうとする彼らのDepopulation計画は、UNのアジェンダ21を介して "地球環境を守る"というもっともらしい名分で正当化されて進められている。
すべての人々にバーコード番号とGPSデバイスが接続された究極の制御手段であるRFIDチップを挿入するという計画は、健康を守ってくれる医療チップ、認知症患者と同伴動物を守ってくれる保護チップ、支払いを便利にしてくれる電子手帳という名前に反映されている。
彼らは、特に大衆にすぐに到来することになる自分たちの世界(NWO)を抵抗なく受け入れられるようにするために、大衆に馴染みのスターたちを動員している。人気スターたちを見せイルミナティの象徴と自分たちのアジェンダを介して、イルミナティが作っていく世界には良い世の中という誤った幻想を持つように洗脳しているのである。
しかし、もっともらしい、使い慣れた仮面の後ろに隠された彼らの素顔を見ることができなければならない。羊の皮を着たオオカミと勘違いして受け入れたが、最終的に彼らの犠牲になる愚かな者にはなってはいけなという意味である。

2. 2NE1 'Falling in love'
以下は、YG事務所の代表的な女性アイドルグループ2NE1Mカウントダウンで "Falling in love"という歌を持ってカムバックステージを構えた姿だ。
ステージ前半に華やかで若々しい服を着て歌っていたメンバーが後半にはいってイルミナティの二重性を示す白黒の模様と万物を見る目でプリントされた服を着て登場する。
華やかでお馴染みの姿の後ろに隠されたイルミナティの二重的な姿をよく見せてくれた舞台という気がする。







ステージ後半には、万物を見る目でプリントされたモノクロ一色の服を着て出て踊り歌っている。甘さと派手な外見の中に秘められたイルミナティの内面(プロット)とアジェンダを見ることができなければならない。


http://japanese412.blogspot.com/2013/07/2ne1.html

0 件のコメント:

コメントを投稿